HOME > お客様体験談 > お客様の声・体験談

Experiences 体験談

2016/02/25

来院のきっかけはなんでしたか

最後に歯のメンテナンスをしたのは7・8年前のでことで、それ以降、特段、歯のトラブルにも見舞われることもなかったため、このタイミングまで通おうとすら思っていませんでした。歯磨きはきちっと1日3度行っていることもあり、自分には縁のないものだと勝手に思い込んでいた矢先に、上司から『自信があるなら、逆に行ってみたら?』と勧められました。つまりは、上司からの挑戦状に受け立つ形で、来院する運びとなりました。結論から言って、歯に自信のある人ほど、1度行ってみた方がいいと思います。思いもよらない結果が待っています。

クリニックでの体験について教えてください

全面ガラス張りのビルの一角、ここだけまるで別世界。一歩足を踏み入れると、吹き抜けの天井に、木の彩りが施され、幼い頃の『歯医者の記憶』=苦手意識・恐怖を感じさせない作りにまずはホッとしました。案内された席に座り、カウンセリングシートをベースに歯の悩みを記入していきながら、口頭でも、気になる箇所があればと念入りに耳を傾けてくれます。スタッフの方は、お店の雰囲気同様、明るい方ばかりで、言うまでも無く、対応は丁寧なものでした。口臭・唾液・歯のかみ合わせ・歯磨きのやり方・歯ブラシの選び方まで、予防に関する知識を懇切丁寧に教えていただき、初めて得る知識も多くありました。歯磨きする度に出血していた私の問診内容は、もっぱら歯肉炎の話で、歯をチェックしている間すらも、とにかく、出血ばかりで、これにはスタッフの方も苦笑いしていました。口内を動画で撮影し、歯垢をチェックしたときには、磨きにくい歯の裏側や奥歯の横側は、歯垢が固まっており、歯磨きを3回しているし大丈夫だという謎の自信は、このあたりでボロボロと崩れ去りました。さらに、私の場合、歯肉炎による血が、接着剤の役割を果たし、専用の機械でクリーニングしなければ落ちない固さに変貌を遂げており、削った後の舌触りは、全く別のものとなりました。歯1本1本を辿ることができるような、そんな感覚です。今では、この感覚を基準に、歯をのケアに没頭しております。クリーニング後は、自分に合った、歯ブラシ・歯磨き粉・フロスをもらうことができます。私は、極細タイプ。『細かく集中的に磨きなさい、ただ血は出るから』とフロスと一緒に手渡され、指導通り、実践している今日この頃です。最後私に言い渡されたミッションは、ちゃんと実践しているか、1か月後に再び来院してチェックすること。1ヶ月前の自分とどう変わったのか、楽しみでもあり、はたまた、渇が入るのかと、ドキドキしておりますが、私のように、1度目よりも2度目訪問のほうが苦手な人間にとっては、2度目の良いきっかけをいただいたと感謝しております。

受診後のおくちの調子はいかがですか?

出血は気にせず細かく磨くこと・ゆすぐのは2回まで・歯磨き後に歯間ブラシ。この3点が受診後の、宿題でした。細かく磨く・歯間ブラシの徹底により、とにかく施術後すぐの舌触りに近づくよう念入りに磨くようにしています。出血もずいぶんおさまってきており、もしや効果があったのかと内心ウキウキしています。磨く回数に、不思議なこだわりを持っていたことに気付かされたこともあり、量より質を意識しながら、それでも、雑になったり、サボってしまうこともありますが、少しずつ継続できるよう踏ん張っております。

(20代男性)

< 一覧へ戻る